白子筍のお取り寄せ方法や美味しい食べ方について!青空レストランでも紹介

スポンサーリンク

白子筍

4月17日放送の「満天青空レストラン」にて、京都の食材「白子筍」が紹介されていました。

白子筍は京都の南部で取れるブランド筍で、極上の甘味と柔らかさ、クリーミーさを兼ね備えているのが特徴。えぐみやアクが少ないので生食も可能なのだとか。筍のイメージが変わるかもしれませんね。

と言うことでで今回は、白子筍の特徴や普通の筍との違い、美味しい食べ方やお取り寄せ方法などについてまとめて行きたいと思います!

白子筍の特徴について!普通の筍とどう違うの?

冒頭でも書いた通り、白子筍は普通の筍とは全く違った特徴があります。

一部の特徴はハッシュタグにもありますが、、、

  • えぐみがない
  • なので生食も可能
  • まるで梨のような甘味とみずみずしさ
  • 甘いだけじゃなくてクリーミーさも兼ね備えている
  • 白子筍の美味しい食べ方

これだけ特徴があります!文字を見ただけで食べたくなりますね!!

そんな白子筍は、かなり手の込んだ育て方をしています。

まず夏の間に良質なたけのこを生む竹だけを残し、古い竹はすべて伐採。秋が来ると竹林に稲わらを敷いて、冬は土を入れて腐葉土を作ります。そうして春に出来上がった筍を、地上に出る前に掘り返していくんだとか。

地上に出た時点で、もう白子筍としての価値はなくなります。筍が地中のどこにあるのか当てるのも熟練の技と勘が命ですね。

こうした手間がかかっているので、白子筍の値段は通常のたけのこの10倍にもなることもあるそうです。

白子筍の美味しい食べ方は?

白子筍の食べ方は様々ですが、えぐみがないので生産者さんはわさび醤油などで食べることをオススメしています。

筍のそのままの味をもっと楽しみたいと言う人は、さっとゆがいて食べるのもいいかもしらませんね。

他にも、オーブンやグリル焼き、ポン酢で食べるとさっくりとした食感を楽しめます。味噌や醤油をかけてみてもOKなのだとか。

あまり手の込んだ料理にするよりも、タケノコ本来の風味を感じられるようにシンプルな調理法がおすすめです。

もちろん天ぷらや若竹煮、たけのこご飯などにしても最高ですね!

京都「白子筍」のお取り寄せ方法について

これだけ生産者さんの手の込んでいる白子筍は、スーパーではまず購入はできません。

とは言え現地に行って買うのも大変ですよね。ネットで探すと、楽天やAmazonなどで生産者さんが販売しているので、そちらでも購入をオススメします!

白子筍の中でも品質が良いとされている、大枝塚原産の筍も購入可能です!

まとめ

今回は、満点青空レストランでも紹介された、京都の白子筍について調べてきました。

白子筍は、京都の南部だけで採れるブランド筍で、かなり手の込んだ育て方をしている分、筍特有のえぐみがなくてとても甘いものとなっています。

そのため生産者さんも、生で食べられるのはもちろん、わさび醤油やオーブンやグリル焼き、ポン酢などで和える食べ方をオススメしています。

購入はネットで品質の良いとされる、大枝塚原産の白子筍が購入可能です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました