【本屋大賞2021】作者町田そのこさんの他の作品は?大賞は52ヘルツのクジラたちも気になる

スポンサーリンク

2021年4月15日に本屋大賞の発表があり、町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」が大賞に選出されました!

この記事では、大賞を受賞した町田そのこさんのプロフィールや、他の作品についてもまとめていきます!

本屋大賞2021受賞は町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」

冒頭でも紹介した通り、町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」が本屋大賞を受賞されました。

本屋大賞とは、全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ賞のこと。過去には瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』や、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』、百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』なども大賞を受賞しています。

本屋大賞をきっかけに、映画化やドラマ化されたり、作者の作品の人気が一気に高まっているので、町田そのこさんの今後の活躍にも目が離せませんね!

うつくしが丘の不幸の家

引っ越したばかりの自分の家が「不幸の家」と近所で呼ばれてどうしますか?

「不幸の家」で自らの幸せを考えるという矛盾したような発想。予想できない展開が魅力的です!!

まとめ

今回は、本屋大賞2021の大賞を「52ヘルツのクジラたち」で受賞された町田そのこさんについて調べてきました。

町田そのこさんは、2016年に初めて雑誌に自身の作品「カメルーンの青い魚」が掲載されて、その作品が第15回女による女のためのR-18文学賞の大賞を受賞しました。

2021年4月15日現在で5冊の単行本を出版しており、今後の活躍が期待されている小説家さんです。

単行本はこちらの5冊

  • 夜空に泳ぐチョコレートグラミー
  • ぎょらん
  • うつくしが丘の不幸の家
  • 52ヘルツのクジラたち
  • コンビニ兄弟—テンダネス門司港こがね村店—

今回は2020年に出版した「52ヘルツのクジラたち」が本屋大賞を受賞しました!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました